【釣り船 北迫について】

ホーム  »  【釣り船 北迫について】

ブルズアイで攻める釣り!

ブルズアイ船長の北迫です。
得意とする操船は明石海峡の鯛サビキとメバルサビキです。

明石海峡を流れる東西の流速、干満、大潮や小潮などの月の影響、潮の濁り。
その潮の特徴を把握してピンポイントに攻めていく。
狙った潮、狙ったポイントで魚探に映る爆発的な魚の映り!
思わず「よっしゃ!」と声が出てしまいます。

その魚探反応の内容を船長がスピーカーから発声します!
「北迫コール!」
それを合図に船上が盛り上がります。
映りの中に入った仕掛けに、餌を求め狂ったターゲットが喰らいつく!
お客様の釣竿がいっきに曲がります!
ドキドキ!ワクワク!「よっしゃ!」を船長と共有しませんか?

サビキ釣りだけではありません。

ジギングでも同じです。
「北迫コール!」
それを合図に、魚探の反応を想像し、ジグを魚の群れの水深へ。
「釣れるぞ!」その期待が高まり、ジグをシャクる腕にも力が入ります。
ブルズアイで船長と一緒に攻める釣りを楽しみましょう!
メバル!
劇的に旨い明石鯛!
大アジに大サバ!
メバル4連!

ブルズアイの行動範囲

ブルズアイは37フィートの和船です。
九州は熊本の濱石造船所で平成14年に生まれました。
スリムなボディに前方の船底キールは深くとがっていて
波切もよく直進安定性に優れています。
多少の波高でもグイグイ進んでくれます。
巡行速度は18~20ノット、最高速度は24~26ノットです。

ブルズアイは3代目となります。
1代目は広島の海でメバル釣り船として活躍
2代目は伊勢志摩の海でジギングやキャスティング船として活躍してきました。

3代目のブルズアイは
大阪湾を中心に明石海峡を越えて播磨灘まで
紀淡海峡を超えて中深海や南紀の近海ジギングなど
基本は明石方面や紀北方面の日帰りとなります。

南紀方面や家島周辺では現地の港で1泊して、1拍2日の釣り旅行なども計画します。
夏休みやGWのグループ旅行にもご利用ください。

旬のおいしい魚を求めて!
行動範囲は広くご案内いたします。
南紀白浜三段壁沖で近海ジギング
HITMANジグで釣れるキジハタ
南紀串本沖を航行
明石海峡は魚の宝庫

ブルズアイは少人数制

ブルズアイは旅客定員12名、船員2名の14名が乗船定員です。

タモ入れやオマツリの処理他、桟橋への着岸など
お客様にお願いすることもあります。

大人男性
大人女性
子供は中学生以上(お一人につき大人お一人の付き添いをお願いします)
料金は少人数制に伴いすべて同一となります。

定員は8名までです。

その他、夏の花火大会などのイベント遊覧は12名まで乗船可能です。
(新型コロナウイルス感染防止のため上記より多少の制限があります)

ブルズアイは小型船の利点を生かします。
大きな磯や瀬のかけ上がりから、小さな磯に群がるピンポイントの魚群を
全員にもれなくポイントが行きわたるよう配慮して操船いたします。

初めてのお客様も常連様も、船に乗り込めばすぐに仲良くなる雰囲気で
貴重な休日の釣りを最高に楽しめるよう盛り上げてまいります。
釣り好きはスグに仲良しに
女将の由佳もジグで太刀魚
明石海峡で鬼アジを釣ります
北迫です。よろしくお願いします。
ページの先頭へ